FC2ブログ

小金沢本谷+α

増水していることが明らかだったので、行けるところまで行ければいい、という緩い感じで入渓。遡行図が入手できなかったが、それも一興だ。一般的な入渓地点のすぐ先に巨大堰堤なるものがあるらしく、その先から入渓しようと思い、沢に平行に走る林道の待避所4の左カーブ先の悪い斜面から入渓した。水の勢いにビビりながらも100メートルも進むと、残念なことに例の巨大堰堤。。。信頼できないFIXを使って巻いた。ギリギリで耐えら...