FC2ブログ

甲斐駒ケ岳・黄蓮谷右俣(2014/12/21-23)

黄蓮谷右俣に行ってきました。
黒戸尾根を歩いてすぐに雪があり、標高が1900m過ぎたあたりからスネあたりまでの積雪。
登山道ですれ違う人も撤退した人ばかりで敗退が頭をよぎる。
そんななか、5合目から沢に降りてるトレースがあるとのことなので、坊主の沢でも行こうかと5合目にツェルトを張った。
そこに荷物のデポがあり気になっていたが、夕方日も暮れたことに2人の持ち主到着。
その日黄蓮谷の右俣を抜けたという。しかも駐車場からスタートして、その日のうちに駐車場まで戻るという超人ぶり!
雪崩もすでにだいぶ落ちてると聞き、リスクも少ないと考え当初の予定通り右俣に行くことに決定。
(もし彼らの話を聞いていなかったら絶対行かないだろうなと感じる雪の多さ)
朝は5時過ぎに出発。前日の彼らは千丈の滝周辺まで降りてしまったということなので、途中から左寄りに自分たちでトレースするが、どこも雪深い...5合目周辺は雪もないという記録まであったのに。
沢に降りてすぐの釜はご覧の通りで巻く。今年は氷結が甘く12月に入って引き返した人も多かったみたいです。
DSCN0695.jpg
坊主の滝。氷結は良いが雪も多そう。
DSCN0698.jpg
左俣出合
20141222ouren.jpg
奥千丈の滝。雪崩で埋まってます。ところどころ水も流れてる。夏にも黄蓮谷は沢登りで着たので思い出しながら登る。
DSCN0706.jpg
他に滝はあっても、ほとんどはラッセル。最初はトレースにあやかっていたが、風のため後半はほとんど埋まっていた。
奥の二俣付近の滝は立派に凍っていた。巻く場合はラッセルとなるので登るが、見た目以上にしびれた。
DSCN0714.jpg
その後もひたすらラッセル。山頂は18時頃に着。おつかれさまでした。
DSCN0720.jpg

ただただ雪が多く、タフな行程だったが充実感たっぷりでした。敗退濃厚だっただけに、2人の超人の情報のおかげでした。

□ルートタイム
・21日 竹字駒ヶ岳神社(8:20)~五合目小屋跡(14:30)
・22日 五合目小屋跡(5:20)~黄蓮谷(7:05)~左俣出合(8:55)~(12:25)奥の二俣の滝×3(15:30)~甲斐駒山頂(17:55)~七丈小屋(20:15)
・23日 七丈小屋(7:50)~竹字駒ヶ岳神社(11:50)

□装備
・ツエルト、ガス缶×2、スクリュー×10、ロープ60m(坊主の滝、奥の二俣付近の滝×3、下山時の懸垂下降の計5回使用)

コメント

非公開コメント