FC2ブログ

屋久島・九州 クライミングツアー (2014.12/28-2015.1/4)

期間 2014.12/28-2015.1/4 メンバー:K崎、O谷

屋久島フリーウェイ、なんとなくそのうち行きたいなと考えていた程度だったが、フリーが登れるようになって来て現実味を帯びてきて今回計画した。
同行はO谷さん、フリーでは5.12後半まで登れる心強いパートナーだ。
交通手段は最終的に車。昨年、北海道から1200km走っているので、鹿児島までの1300kmも大丈夫だろうと。

12/27(土) 海老名22:00-鹿児島へ。途中仮眠もとる。

12/28(日) 19:00頃鹿児島-温泉入って近くの公園で寝る。

12/29(月) 8:30のフェリーで屋久島へ。12:30屋久島着。とりあえず島を一周して観光。永田浜、大川の滝、湯泊の温泉、平内海中浴場。そして安房の宿へ。夜は入山(入島)祝いで近くの飲み屋へ。

12/30(火) フリーウェイのアプローチ下見。その後千尋の滝、千々岩ルートへ。アプローチはテープがかなりたくさんついており、その通りに行けば迷わない。1時間10分程度。千々岩ルートは快適。その後尾之間温泉に入り、近くのAコープで買い出しして、これから2日間お世話になる宿のガラッパと健吉へ。オーナーが世界中を旅したとの事で面白い。いい宿だ。
テラスで軽く飲む。他に数名宿泊者がいた。

12/31(水) フリーウェイ。5:05出発-6:10取付き-7:05登攀開始-13:35終了点-16:00頃千尋の滝駐車場。2ピッチ目の5.10dがかなり難しい。O谷さんでさえA0、テンション。グレードが辛いな。それ以外でも5.10cクラスの花崗岩のスラブで30-40mのピッチがいくつもあり、ふくらはぎパンパン。登り応え十分だった。2ピッチ目でリングボルトのリングが取れたボルトに掛けるナッツ、5ピッチ目のクラックでキャメ1番使用。あとはペツルのボルトで安心。ボルトの数は、ほぼ100岩場に載っている通り。予定通り登れて、しかも天候も予想通り冬型になってきて寒気が入ってきて、夕方から荒れてきた。後続のYCCのメンバー3人はトップがホールド欠けでフォールしたらしく途中で引き返していた。今日も尾之間温泉に入り買い出しして、夜は登攀成功を祝って宴会。大晦日という事もあり久しぶりに大いに飲んだ。

1/1(木)自分は寝坊したが、ほかの宿泊者は初日の出を宿の裏手から見たそう。本日は九州に戻る予定だったが、フェリー欠航で白谷雲水峡へハイキング。屋久島で年明け初の雪を体験した。その後、屋久杉自然観に行ったりした。夜は紹介頂いていたM&CのN村さんのお宅へお邪魔させて頂く。美味しい料理をご馳走になったり、N村さんやO谷さんの世界を旅した面白い話や、O谷さんのマッサージタイムがあったりと楽しく過ごす。

1/2(金)亀の手入りの珍しいお雑煮を頂き、その後平内海中温泉に再び行き、お土産を買ったり、益救(やくと読む)神社で初詣をしたりして13:30のフェリーで鹿児島へ。17:30鹿児島着。2日目から昨晩も一緒だった宿の同宿者の女の子を博多まで送り、その後明日登る八面山の岩場方面にある道の駅で泊。

1/3(土) 福岡八面山フリー。こちらも雪が降ったらしく、アプローチの道路にも雪が。岩場も着いた時はベルグラ状態。しばらくして暖かくなってから5.9カプチーノ、5.10cシティーライン、5.11a鳥天狗 を軽く登り、別府へ。別府で再び温泉に入り町の雰囲気を味わった後買い出しして、19:30大阪行きのフェリーへ乗船。最後の夜を窓際の座席で寛ぎながら、ゆっくりと飲みながら過ごした。

1/4(日) 7:30大阪港着-14:30海老名着。渋滞は少しだけあったがほぼ順調に帰れた。

今回、フェリー欠航があったりしたが、1番の目標のフリーウェイを登る事が出来て、さらに旅慣れしたO谷さんのお蔭でクライミング以外でも温泉や色々と楽しむ事が出来て、非常にトータルで楽しい時を過ごす事が出来、結果オーライで中身のある旅となった。やはり、長期で行ける時は観光や旅の楽しみを色々と取り入れる事によって幅が広がるなと思った。O谷さんに感謝、とても良いクライミングツアーでした。 

DSC_0387.jpg

DSC_0404.jpg

DSC_0446.jpg

DSC_0448.jpg

DSC_0453.jpg

DSC_0451.jpg

DSC_0464.jpg

DSC_0472.jpg

DSC_0476.jpg

DSC_0491.jpg

DSC_0493.jpg

DSC_0496.jpg

DSC_0521.jpg

DSC_0525.jpg

DSC_0547.jpg

DSC_0548.jpg

コメント

非公開コメント