FC2ブログ

奥鬼怒 湯川 大岩沢左俣2016/7/23-24

奥鬼怒
湯川 大岩沢・左俣
 メンバー:薄田、野澤、三井(記)
 遡行日:2016年7月23日~24日
 地形図:川俣温泉

前夜、薄田車にて厚木出発。
圏央道、東北道を走り、奥鬼怒の女夫淵温泉の小広い駐車場に深夜到着。
駐車場の隅に東屋がありそこにフライを張って束の間の仮眠。

[第一日目]
多少不安のあった天気だがまずまずの感じ。支度を済ませると車道を
15分くらい戻り、湯沢檀橋(ユザワマユミバシ)で鬼怒川を渡り、「噴泉塔」の
遊歩道に入る。(入り口にはこの遊歩道は崩壊の為通行止めの看板がある。)
暫くは沢を見下ろすよく踏まれた文字通りの遊歩道だが部分的に崩壊ケ所があり、
沢を渡る箇所の丸木橋は全て流されていて、いつしか普通の沢登りの
ルートと化す。進むにつれ、沢の水が白く濁っていたり、硫黄の臭いがする
箇所がある。河原歩きにいい加減飽き飽きしてきたころ小ゴルジュとなるので
遊歩道から巻いて(ゴルジュを通過したほうがよい)沢に降りるとそこが「噴泉塔」。

P7233944.jpg

硫黄の臭いが強く漂い、黄色と緑の堆積物で覆われ、何やら普段の
沢登りでは見られない奇妙な景観が現れる。沢はゴルジュとなっていて釜があり
右手からお湯が流れ出ているが触ってみると結構熱い。

P7233948.jpg


さてここの通過だが通常はそっくり巻いてしまうようだが釜の右から回り込んで
通過している記録もある。見ると釜の左側の上からロープが垂れている。
何やら頼り無さげなものだがまー、切れても釜に落ちるだけ。
このロープに縋って振り子で落ち込みの上にあがる。
その上が5mのトイ状の滝。左岸側に細い斜上バンドがあるが少しヤバそうなので
ロープをだして登る。続いて6mの滝。水流右がルートになりそうだが取り付きが
余りよくない。薄田君が空身でリード。ゴルジュが切れ、ナメ状の沢を進むと
左岸に黄色味を帯びた垂壁が現れる。これも硫黄が混じっているからだろうか。
沢はゴーロとなっているが所々流木が散乱していたり、ナメ状になったりしているが
淡々と遡行していく。一時間も歩いただろうか、左岸に赤い大岩が二個、鎮座している。
かなり印象的なものでネットの記録で見覚えがある。
ここを過ぎると大岩沢の出合に間もなくのハズだ。
20分ほどで大岩沢の出合にでる。広河原になっていて殆どのパーティーが
ここを一日目の宿泊地としているようだ。が、私たちは明日の行程が長い事もあり、
出来るだけ先に進んでおこうと計画していたので小休止しただけで大岩沢に入る。
いきなり水が涸れるが伏流となっている為で、水流は直に復活する。
2本ほど滝を越えると10mの直瀑。登れそうだが少し時間がかかりそう。右岸から巻く。
小滝を越えるとゴルジュとなり10m程の直瀑がある。落ち口が被り気味なので
先ほどの滝より手こずるだろう。これも右岸から巻き、懸垂2ピッチで沢床に降りる。
ゴルジユを進んで行くと左岸から滝が落ちていてその先に5mの滝。
水流左の緑のコケのついた壁がルート。薄田君が空身で登って越える。
直ぐ先が二俣。予定したテン場で、二俣の付け根の部分に1、2張分の平坦地がある。
早速フライを張り、たき火の支度。薪は付近に散乱していて集める必要もない。
焚火を囲み、普段なら殆ど飲まない酒をチビチビやりながら雑談を交わすのは
いつもながら楽しいひと時だ。
とはいうものの昨日殆ど寝ていない事もあって早目にフライに入る。
7月下旬といいながら結構寒く夜中に目が覚めてしまった。外にでると星が
少しでていて余り天気予報はよくなかったのだが明日も何とか持ちそうだ。

[二日目]
左俣は50mのナメ滝。右俣はゴーロ。となると沢屋としては当然左俣を選択する。
ナメ滝はどう取り付いてもよさそうだがヌメっている所があり、滑ると下まで
滑り落ちる事になるので油断は禁物。
小滝を数本越えると二俣。右に入る。すぐに50mのナメ滝。各自好きなようにルートを
取って登って行くがここも落差は結構あるのでそれなりに注意が必要だ。
その上も傾斜のあるナメが続いて高度を上げて行く。
3m程の小滝を越えると程無く水が涸れ、石の詰まったルンゼとなる。
暫くは登り易かったのだが登るにつれザレてきて「ラクーッ。」のコールが谷中に響く。
右の栂林に逃げ詰めて行く。
稜線の登山道までもう少しというところ地形に惑わされて手間取ってしまい先行した
薄田君に無用の心配をさせてしまった。
念仏平寄りに上がったので「根名草山」まで100mほど高度を上げなければならず
ウンザリさせられる。喘登に耐え、間もなく根名草山に到着。どうという事もないピークで
数人のハイカーが休んでいた。
ここで沢の装備を解き、下山靴に履き替え下山する。
「日光沢温泉」まで2時間半、そこから車をとめた「女夫淵温泉」まで2時間。
長い下り道だった。

噴泉塔までの河原歩きや下山路の長さなどが少々引っかかるが沢そのものは変化があり
楽しめる沢だった。技術的にも困難な箇所はない。
機会があれば遡行する事をお勧めする。

以上

16年 奥鬼怒 湯川・大岩沢

コメント

非公開コメント