FC2ブログ

丹沢 虫沢川・ダルマ沢20160807

丹沢
虫沢川・ダルマ沢
メンバー:柳下、天野、三井(記)
遡行日:2016年8月7日
地形図:山北

柳下君から近場の手ごろな沢に…というお誘いがあり、私もお盆前の
足慣らしに、という事で、寄の虫沢川の「ダルマ沢」に行く事で話がまとまる。
この計画に沢は久しぶりの天野さんの参加もあり更に楽しいものとなりそうだ。

ダルマ沢はたまたま私がネットで拾った沢でガイド本にも紹介されてはいない
短い小沢でネットの記録(結構の数の記録がアップされている。)では短いなりに
楽しめる沢との記述もあり頭の片隅に残っていた。まー、過大な期待は出来ないが…。

虫沢川の林道にはいり、暫く行った「虫沢橋」が入渓点となる。
橋のたもとには車2.3台の駐車スペースがある。
沢は大きな堰堤を越えるところからスタート。
立て続けに4つほど堰堤を越えると二俣となる。左は「ダルマ沢」で右は
「タカノス沢」と称されている。
今回の計画で「ダルマ沢」を遡行して「タカノス沢」を下降してくる予定だ。
ダルマ沢に入るとゴルジユの地形となり小滝も落ちていてそれらしい雰囲気。
間もなく正面に7mの滝。左から2mの滝が合わさり、2mの滝を登り、
その右のガレを登って7mの滝を巻く。
小滝を越えて行くとゴルジュっぽい沢形となるがゴルジュのなかは2.3mの滝が
落ちている程度で両岸もそれほど高くはないので威圧感などはない。
流木の立てかかった7mの滝。直瀑だが瀑水の左から登れそうだが
シャワーになりそうだ。
カッパを着てロープを曳いて登る。案の定というかホールドを探っていると
袖口から水が入りカッパを着ても全身ビショ濡れ状態。
流木で中間支点をとり、落ち口に上がり確保の体勢。さすがに8月。
全身ズブ濡れでもそれほど寒くない。
沢を進むと2.3mの滝が数本ありその先に2段の滝が、と思ったら
手前は滝だが上段は石積みの堰堤。
小滝を数本越えると2段の滝。と思ったらこれも手前は滝だが
上段は石積みの堰堤だった。
沢に堰堤は邪魔者だがまー、堰堤といっても石積みの堰堤は沢に
同化していて違和感は少ないのがマシと思うべきか。
これを越えると沢は明らかに源頭の様子。すぐ上で二俣となっている。
ここまでくれば早目に支尾根に上がったほうがいい。右に取り、
その先の二俣も右にとってザレたルンゼを登ると支尾根にでる。
尾根の反対側に下り、タカノス沢を下るが10分も下ると前方に林道の橋が見える。
こうなると沢の下降は止め、橋にでてそのまま林道を下る事に。
最近、天野さんが楽しんでいる楽器演奏の話しなど聞きながらのんびりと
下れば小一時間で駐車地の「虫沢橋」に戻り山行を終える。

今回の「だるま沢」は短い小沢だがゴルジュ地形で滝が連続していて
(ゴルジュは険悪な感じはしないし、滝も小滝だが。)
特にお勧めという程でもないがそこそこ楽しめるのでは、と思う。

             記/三井虫沢川・ダルマ沢

16年 丹沢 虫沢川・ダルマ沢遡行図

コメント

非公開コメント