FC2ブログ

北ア 金木戸川・小倉谷2016/8/11~13

北ア
金木戸川・小倉谷
メンバー:野澤、三井
遡行日:2016年8月11日~13日
地形図:三俣蓮華岳 笠が岳 下之本

「小倉谷」というと北ア有数の名溪として知られ、沢屋には垂涎の沢だ。
当会でも何度か遡行されていて、私としても勿論計画はしていたのだが
その度に天気やらいろいろあって果たせず涙を呑んでいた。
去年も天候不順で機会を逸し、今回、野澤君の参加を得て漸く実行の
運びとなった。

前夜、仕事を終えると待ち合わせ場所に指定した「新穂高温泉」の駐車場に向かう。
お盆の今の時期、予定の深山荘前の駐車場はすでに満杯で鍋平の駐車場を
指示される。明け方近く、野澤君と合流し金木戸川のゲートに移動する。
第一ゲートに到着。他に2台ほどとまっていたがそのうち1台の車には
3人の登山者が沢支度の最中だった。
声をかけてみると三重の会の人たちで、やはり小倉谷にはいるという。
この時期、1.2パーティーはいるかな、と思っていたが案の定だ。
支度を終えると彼らを追うようにスタート。金木戸川沿いの林道を歩くこと3時間半。
小倉谷の出合を前にする。

P8114071 小倉谷出合

しかし、小倉谷に入るには金木戸川の本流を渡渉しなければならないが
この渡渉の可否が小倉谷の最初の関門となる。が、幸い最近の好天続きで
水量は多くはない。僅かな泳ぎで難なく渡渉できた。まずは一安心。
巨石混じりのゴーロを辿って行くと間もなくトイ状10mの美瀑。左岸の草付を巻く。
沢は巨石混じりのゴーロが続いていて我慢の遡行が続くが沢は明るく、開放的で
いかにも北アの沢という雰囲気で気分は悪くない。
やがて沢はゴルジュ状となって釜を備えた3m程の滝。ヌルヌルの岩の間の凹角が
ルートで空身のショルダーで何とかクリア。
ゴルジユ状の沢を暫く進むと両岸垂壁の奥に結構な滝。
それを左岸から容易に巻くと再び河原歩きとなる。
暫く遡って行くと左岸に極上のテン場が現れる。時間的にはまだ早く、
セオリーとしては少しでも先に進んでおくべきだ。が、昨夜一睡もしていない事も
あっていい場所で泊まりたい。となるとこのテン場は捨て難い。という事で
今日はここまで。ツエルトを張り、たき火の支度。と、てきぱきと事を進め、
食事をすませると早目にツエルトに潜る。

[二日目]
快適な一夜が明け二日目がスタート。
今日も昨日のようなゴーロの沢を進んで行く。ワイヤーの垂れた吊り橋跡を過ぎると
右岸側にテン場。たき火の跡もあり、昨日の3人パーティーのものだろう。
ここはトポにも記されているテン場のようだが余りいい場所ではなくここまでの間も
いいテン場は無かった。やはり昨日のテン場でよかったようだ。
ここから沢はゴルジュ帯になって行く。
少し進むと長めのトロの先に3m程の二条の滝。見覚えがある。
(と、言ってもNetの記録やガイド本で見たものだが。)
ここが泳いで突破するトロだろう。
ところで事前に見た某氏の記録でこれを右岸から容易に巻けるように記されている。
もしそうであれば私にしても野澤君にしても泳がずに済むなら泳ぎたくはないので
そうしたいところだ。観察してみると4mほどが上がればたしかに巻けそうだが
登りだしの岩が被っていて余りよくはない。
それを越えるのに手間取りそうでやはりここはトポ通り泳ぐしかなさそうだ。
空身になり、ロープをつけて右岸側をヘツリと泳ぎで滝に近づいて行く。
滝の手前の水面下のスタンスを使って身体を水中から引き上げるようだが
あまりいいスタンスではなく手間取って漸く落口にあがった。
あとロープを使ってザックと野澤君を引き上げ漸くここをクリア。
しかし、案の定というべきか冷たい水に浸かった私は震えが止まらない。
ここ数年、濡れに対して本当に耐性がなくなったと思う。
ゴルジユ帯は続いているがそれほど困難なところはなく進んで行く。と、
釜のある6m程の滝。トポで赤く長いスリングの垂れている滝、というヤツだろう。
右岸をヘツって行くと赤いスリングは切れていて青い(だったかな。)スリングに
変わっていたが。そのスリングを使って滝横に回り込んで登ればいいのだが
なぜか腕に全然力が入らず登れない。野澤君と交代してここをクリア。
先ほどの泳ぎの影響としか思えないのだが体力が無くなった事をひしひし感じる。
ここを過ぎるとゴルジユ帯も終わり、小倉谷の渓相は険から美に変わって行く。
ゴーロから美しいナメの沢床が随所でみられるようになる。
ナメの先に突然、40mの直瀑の大滝の出現。暫し見惚れるがここの巻きは右岸。
笹薮を漕いで行く。
小滝を越えて行くと小倉谷のハイライトの一つであろう「両門の滝」。
左右の沢が30mの滝で出合っている。
ここは巻いてしまうか左俣の滝を登って右俣にトラバースするルートがとられる。
それで私達もロープをつけ左俣の滝に取り付く。通常、水流の左側からとりついて
途中で右にトラバースして水流右を登って落ち口に抜けるのだがそのトラバース地点まで
あがると滑りそうで余りよくない。
見ると水流左をそのまま登って行けそうで、残置ピンが見える。
ならば直上する事にしてそのまま登って行く。ヌルヌルで滑りそうで嫌らしいが
2本ほどピンを打ち足して何とか落ち口にあがった。
その上の3段30mを越え、40mの大滝を右岸から巻くとゴーロの沢にかわる。
奥の二俣までと思ったが時間的には頃合いでテン場を探しつつ遡行していくと
左岸に辛うじて幕の張れる場所。
以前この沢を遡行している野澤君の記憶でその時幕を張ったところだ、との事。
それならばという事で今日はここまで。
ツエルトを張り、薪をかき集めて漸く人心地附く。
もう後は厄介なところなどは無く稜線に上がるだけで、むしろ上がった後の
長い下山道の方が気懸りだ。

[三日目]
ナメ状の小滝をこえて行くと直に奥の二俣。
小広くなってはいるがテン場としては余りよくはない。先行パーティーがいると
張り場所に苦労しそうだ。
ここからは沢はナメ状の小滝を連ねてぐんぐん高度を上げて行く。
天気はいいし、快適でいう事はない。
両岸が狭まり、背の低い灌木に変わってくると沢形が失われてガレた浅いルンゼに
なるが笠が岳の稜線を望みつつひたすら高度を上げて行く。
私たちの先には件の3人パーティーが稜線を目指してツメているのが見える。
水の涸れたガレとなり石の堆積したような稜線に上がると直に笠が岳の山頂に立った。
「終わった。」(まだ長い下山が待っているのだが。)
長年の懸案で憧れの小倉谷を遡行できたのはやはりうれしい。
暫し、その想いに浸る。
生憎ガスに包まれて展望が全くなく晴れていればいう事はないのだが
それは過分な望みだろう。暫くやすんでいると例の3人パーティーが上がってきた。
彼らは頂上の北側に上がったようだ。
彼らと暫く話しをしたが私の歳を知ってかなり驚いていたが私としては
面映ゆいばかりだ。しかし、遡行は終わったもののそうのんびりもしていられない。
まだうんざりするような仕事が残っている。
一旦、笠が岳山荘まで下り、笠新道の下降点まで稜線を辿って行くがコブが
いくつもあって結構しんどいし、ガイドブックのコースタイムがいい加減で、
予想外に時間がかかり嫌気がさしてきた頃下降点に到着。
ここからいよいよ長い下山道。ただ辛抱して下って行くしかない。
急がず(急ぎたくてもそれは無理だが)休まずで下って行くがかなり足に来て
しまったが漸く林道まで下り着きやれやれ。
林道を新穂高のロープウエィの乗り場まで下ってくると先に下山していた野澤君が
車の回収を済ませ上がってきてくれた。これで漸く本当に終了。
そのまま金木戸林道のゲートまで移動してそこで解散とした。

今回、天候に恵まれ漸く念願の「小倉谷」の遡行を果たせた。
「小倉谷」は世評通りの秀溪で存分にその素晴らしさ味わう事が出来た。
また頼れるパートナーとして存在感を示してくれた野澤君にも心より感謝したい。

16年 北ア 小倉谷遡行図 No-1

16年 北ア 小倉谷遡行図 No-2

コメント

非公開コメント

金木戸川小倉谷

初めまして、鈴鹿ハイキング倶楽部の山田と申します。
8月の小倉谷、先行したいた3人Pの一人です。

小倉谷はとても素晴らしい谷でしたが厳しくもあり、前後して遡行されているお二方に何だか心強く思っていました。

頂上での再開、そしてお年を聞いてびっくり。我々も長く沢を楽しみたいと強く思いました。

活動エリアは余り重なりませんがまたどこかでお会いできるのを楽しみにしております。

Re: 金木戸川小倉谷

さがみ山友会 野澤といいます。

気づくのが遅れてしまい申し訳ありません。

連絡 大変うれしく思います。

活動エリアの件ですが、意外と重なっているようです。

一緒にいた三井さん(70歳)は、南紀の沢が好きで
GWの頃は必ず行っているようです。

私も今年は南紀へ行ってみようかなと思っています。

また、どこかでお会いするかもしれません。
その際は、よろしくお願いします。

野澤 tanzawa_nozawa@yahoo.co.jp



> 初めまして、鈴鹿ハイキング倶楽部の山田と申します。
> 8月の小倉谷、先行したいた3人Pの一人です。
>
> 小倉谷はとても素晴らしい谷でしたが厳しくもあり、前後して遡行されているお二方に何だか心強く思っていました。
>
> 頂上での再開、そしてお年を聞いてびっくり。我々も長く沢を楽しみたいと強く思いました。
>
> 活動エリアは余り重なりませんがまたどこかでお会いできるのを楽しみにしております。