FC2ブログ

安倍奥:安倍川支流 関の沢・南沢(ガリ沢)2016/10/10

安倍奥
安倍川支流 関の沢・南沢(ガリ沢)
 メンバー: 三井(単独)
 遡行日: 2016年10月10日
 地形図: 湯の森、篠井山

ガリ沢(南沢)は安倍川支流、関の沢の支流にあたる。
その昔、一度遡行した事はある。
殆ど地元の沢屋にしか知られてはいないが短い沢としては中身は濃い。
結構楽しめる沢だと思う。

「中の段」の集落に向かう道の中ほどに南沢林道の起点があり、
そこに5.6台の駐車スペースがある。
ここは十枚山に登るハイカーも利用しているのでこの日もすでに
2台ほどとまっていて、私が沢支度をしている脇をチラ見して通り過ぎて行く。
私も早々に支度を済ませスタート。林道は10分も歩くと行止まっていてそこから
沢に入る。すぐに10m程の大きな堰堤。左岸の植林帯から巻く。
巨岩の転石帯となっている沢を暫く進み、4m程の滝を越えると二俣。
左俣は大きく左に回り込んでいて6mの滝と出合う。
この滝の滝口になぜかオフロードバイクの残骸。以前まだ林道が通っていた頃、
転落事故がありその時のものらしい。
左から巻き、幅広の4mの滝を越えると続いて6mの滝。水流脇を登れそうだが
今日は水量が多くてその気にならず右岸を小さく巻く。
沢に降りるとすぐ先に12mの直瀑。手がでず左岸から巻く。沢に戻ろうとすると
その先に同じような滝。登り返して巻いて懸垂で沢床に降りる。
容易なゴルジュを過ぎると3連の滝。2つ目が手こずりそうだ。滝の左岸の壁際を
ヘツれそうだが滑っていてイヤらしい。迷ったら巻くのが無難。
釣り師のものだろう、怪しげな細引きが垂れているが使うまでもない。
その先の二俣を右にとるとまた3連の滝。ここは問題は無い。
しかしその先に15mの直瀑。両岸も高く、一瞬どう巻くのか、と思ったが滝口に
近づいてみると滝身の右のリッジが登れそうだ。
落差があるので慎重に登る。落ち口まで上がるが水量の多い時は落ち口の
乗っ越しはエグい事になりそうだが今日は難なく乗っ越す。
狭隘なゴルジュとなる。数本、滝が落ちているがそれほど厳しいものはなく通過。
ここから沢は平凡な渓相となる。小滝を数本越えて行くと二俣で、
右俣は3段のナメ滝、左俣は10mの直瀑で出合っている。
右俣をツメて行けば十枚峠にでるし、左俣は十枚峠から下っている登山道にでる。
その昔、この沢を遡行した時に右俣を遡行しているし、最近は源頭までくれば
後はつい下山の早いルートを選んでしまう。で、今回は左俣をツメる。
しかし、出合の10m滝は登れないので右俣の3段のナメ滝を登ったところで藪を漕いで
左俣に降りる。沢は細い源頭状の小沢となっていて4m程の小滝を越えた所で
「もういいか。」沢を離れ、ボサを漕ぐと直に朽ちた造林小屋が現れる。小屋の前に
薄すらした踏み跡がついていて十枚峠から下っている登山道だろう。それを辿って行く。
登山道は植林帯の中をダラダラと下って行く
ので膝の痛みを抱えている私にはちょうどい具合だ、
目の前が開けてくると「中の段」の集落。
集落から九十九折の道を駐車地に下って行くのだが、この道は何度か歩いて
いるのだが、以前は手入れされた茶畑の間を下って行ったものだが、今は
手入れされた茶畑などは見当たらず、伸び放題の雑草に埋もれてしまっている。
それに元々多くは無い集落の人家も、朽ちた家が何軒かありすっかり寂れて
しまっている。日本の山間地のどこでも見られる光景なのだろうが寂しいものだ。
この集落もいずれは廃村となってしまうのだろうか。
車に着き沢タビを脱ぐといました。「ヒル。」
私が安倍奥に入り始めた頃は殆ど姿を見なかったヒルだが今は本当に
増えている。まー、この状況は全国的な事のようだが困った事だ。
近くの梅が島温泉に寄ってから帰宅する。

コメント

非公開コメント