FC2ブログ

甲武信ヶ岳(2017.1.14~1.15)

雪山シーズン本番ですね。
みなさんは登っていますか?

今回は参加を予定していた山行が荒天で中止になり、急遽、代替の山行を計画しました。
冬型の気圧配置で強風が予想されましたが、森深い奥秩父ならば風の影響も少なかろうとの考えに基づく転進です。

 1日目 毛木平~十文字小屋
 2日目 十文字小屋~大山~三宝山~甲武信ヶ岳~毛木平

積雪状態はトレースのない新雪で10~30㎝程度。
吹き溜まりではラッセル気味になるという感じです。
正直、中途半端で一番歩きにくいコンディションですので、予定よりも時間を取られてしまった場合は甲武信小屋あたりでもう1泊という可能性も考慮しておいた方が良いでしょう。
なお、山行中、他の登山者には1名も会いませんでした。

DSCN0885.jpg

毛木平から八丁坂を経由して十文字小屋を目指します。
沢沿いの気持ち良いルートで気分は上々です。
みなさんは上々ですか?

DSCN0886.jpg

尾根に出ると若干風がありますが、すぐにトラバースルートに入るので無問題です。
この後、適当に歩いていくと十文字小屋にたどり着きます。

IMG_3031.jpg

十文字小屋は2013年度より冬季閉鎖されています。
古いガイドブックを見て小屋泊まりのつもりでいくと終わるので、みなさんは終わらないようにしましょう。
この日は小屋の玄関前で風をしのぎました。

DSCN0889.jpg

2日目は稜線上をひたすら歩きます。
出発時点の気温は氷点下20度。
氷点下20度の世界では様々な物質が凍り、バッテリー的な物達は次々に息絶えていきます。
登山とは様々な犠牲の上に成り立っており、それ故に尊いのだと言えるでしょう。

IMG_3034.jpg

今いい加減なことを言いました。

風の影響が少ないとはいえ、凍傷対策を怠ると指が終わるので、手袋は4枚くらい重ねます。
皆さんは終わっていますか?

これは甲武信ヶ岳を目指す途中の大山の様子です。
新雪がもりもりしている様が見て取れるかと思います。

バッテリーさん達がお亡くなりになったため残念ながら写真はないものの、前世で徳を積んだので甲武信ヶ岳山頂では展望に恵まれました。よかったですね。



(タカハシ=文・写真)

コメント

非公開コメント