FC2ブログ

170219雲竜渓谷 友不知

雲竜渓谷へ会外の山仲間とアイスクライミング。

友不知には3つの氷柱があり、そのうち左の氷柱をクライミング。

真ん中と右は上部に大きな亀裂もあり、おそらくもう一つあっただろう氷柱の残骸は、崩れた神殿を思わせ、もうシーズンの終わりを感じさせる氷瀑群でした

雲竜渓谷駐車場手前の広いスペースに駐車

前日にぱらついた雪が氷の上にうすーく一面に広がり、林道歩きは慎重になりました。

友不知の氷柱群。左を登攀。真ん中と右はハングしてます。

真ん中と左は氷柱にスリングの残置もあり。

金曜日の暖気で溶けた後に土曜日1日で急激に凍結したためか、ボコボコの表面固くも割れやすく、コンディションはよくない。

ここ(下の写真)まではリードで登るも、この先が更にいやらしく、ひとまずスクリュー二本で支点作ってバトンタッチしてもらう、が、後ちょっとのとこで失敗、アックス残置で「いやらしい」とこに差したスクリューも抜けて地上から3mぐらいのとこまで滑落。正直かなり動揺した(落ちた本人はいたって冷静でした。)

怪我もなく無事で、安全に降下。その後、右から巻いて懸垂で残置回収(トップの写真にもどる。)して撤収。

次におなじとこに登った二人組(雲竜瀑登っていた方々)も、一人目は自分と同じとこでひとまず下降してました。その後、登り切れたかは定かではない。

横から雲竜瀑。

近くから雲竜瀑。

ワンピッチ上ったとこに二人組。その上には水流れる穴あり。その後、更に登ったかどうかは定かではない。

もうアイスシーズンも終わりかなぁ…

寂しいね。。

松。

コメント

非公開コメント