FC2ブログ

月山、鳥海山、湯殿山20170503-05

東北山スキーの旅(月山、鳥海山、湯殿山)
日程:2017/5/3~5
メンバー:L田中、新井、野澤

GWに鳥海山をメインとした山スキーを計画。
計画は現地状況から下記のように変更。
 5/3 月山(リフトトップ~月山)
 5/4 鳥海山(中島台~新山~千蛇谷)⇒鳥海山(矢島口コース:祓川~七高山)
     ※中島台からは、しばらく雪が無く藪コギらしく中止。
 5/5 鳥海山(祓川~七高山)⇒湯殿山(志津キャンプ場駐車場~湯殿山)

◆5/3 月山(月山スキー場リフトトップ~月山)
  前夜新井さん宅20:00と早めに出発したにも関わらず、GWの影響かところどころ渋滞。
  姥沢口駐車場到着は1:30頃。リフトは8:00から。朝はゆっくりスタートする。
   
月山
   【月山(リフト上部より)】

月山スタート地点
   【月山姥沢口スタート】

鳥海山(月山頂上から)1
   【月山山頂と鳥海山遠望】

  雪質はザラメ。山頂部は雪が融けてつながっていない。
 コースタイム:
   姥沢口(8:00)~月山山頂(10:45)~姥沢口(12:00)

 この後、鳥海山へ移動。途中 酒田港の海鮮料理「とびしま」で海鮮丼を
 いただく。飛島という島の海の恵み?新鮮でとても美味しかった。
 お奨めです。
 中島台レクレーションの森到着20:00頃。しかし、周囲にはほとんど雪が無い。
 駐車場でBBQをやっているメンバーから情報入手。この方々は1台をここへデポし
 祓川から入り新山経由で千蛇谷を滑るとのこと。
 しばらく雪がなく1.5Hほど薮コギ。登りは辛いが下山ならば何とかと考えていた。
 このコースは、4月初めの方が良さそう。今回は諦め。
 予定を変更し、明日は矢島口ルート(祓川)から入ることにする。
 しかし、夜も遅くなったので本日は中島台でビバークし、翌朝祓川へ移動することにした。

◆5/4 鳥海山鳥海山(矢島口コース:祓川~七高山)
  5:00起床。6:30移動開始。祓川の駐車場へ行き吃驚。駐車場がいっぱい。
  その下の駐車場もいっぱい。一番下の駐車場も、さっきまでガラガラだったが
  スノーボードのイベントがあるらしく団体さんの車が数珠繋ぎに繋がって続々
  入ってきていた。何とか潜り込めたがやばかった。 

鳥海山(祓川ルート 最下部駐車場より)
   【鳥海山が遠い(矢島口(祓川)ルート 最下部駐車場より】

鳥海山登高中
   【鳥海山の斜面が近づいてきた】

鳥海山(七高山と新山)
   【新山(左側)と七高山(右側)】

鳥海山(新山)頂上にて
   【鳥海山(新山)頂上にて】

  雪質はザラメ。七高山~新山の登下降はアイゼン、ピッケル不要だった。
  
 コースタイム:
  矢島口駐車場(7:43)~七高山頂上(13:21)~新山頂上(13:44)~
矢島口駐車場(15:50)
  予想外に遅くなったが、新山まで行け、しかも長い距離になり大満足だった。
 
  帰りにすぐ近くの「フォレスト鳥海」というホテルの温泉に立ち寄る。
  美肌の湯。500円。
  このルートから見る鳥海山は富士山のように綺麗な三角錐。
  是非、泊まりたいホテル。ここもお奨めです。

  最終日の湯殿山に向け移動。途中 仁賀保で有名な定食の店で食事し
  湯殿山のネイチャーセンターを目指す。
  しかし、ネイチャーセンターではカーナビもスマホもを検索出来ず、
  近くを探し回ったが結局見つけられず、近くの志津キャンプ場の駐車場でビバーク。

◆5/5 湯殿山(志津キャンプ場駐車場~湯殿山~志津キャンプ場駐車場)

  4:30起床 6:00出発

 湯殿山 自然博物園ネイチャーセンター
  【自然博物園ネイチャーセンター】
   志津キャンプ場から20分くらい歩くとネイチャーセンター発見。
   自然植物園=ネイチャーセンターだった。

湯殿山頂上(田中さん)
  【湯殿山 頂上】
   本日の一番乗りだった。南面を滑走。
   ここも雪質はザラメ。上部は滑りやすいが、段々となった斜面は意外に滑りにくかった。
    
 コースタイム:
  志津キャンプ場(6:00)~ネイチャーセンター(6:48)~湯殿山頂上(9:44)
  ~志津キャンプ場駐車場(11:00)
  帰りに、ネイチャーセンターを見学し、いざ帰路へ。
  GWの影響もあり、ところどころ渋滞していたが新井さん宅22:00無事到着。

これで、今シーズンは山スキー終いです。お疲れ様でした。

コメント

非公開コメント