FC2ブログ

伊豆 猫越川・河原小屋沢2018/3/4

伊豆 
猫越川・河原小屋沢
メンバー:三井(単独)
遡行日:2018年3月4日

伊豆半島は沢登りの対象としては極不遇の地で、Netで検索しても
数本の沢が取り上げられているに過ぎず、その取り上げられている
沢にしても書かれている内容からあまり食指の動くものはない。
今回の「河原小屋沢」はそのうちの1本で、支流に伊豆随一の大滝がある、
との事で今年の幕開けの沢として行ってみようかと腰を上げる。

湯ヶ島の集落を外れると「猫越川」と「河原小屋沢」の二俣。
川に沿ってそれぞれ林道があり、河原小屋沢側の林道は
橋が架かっていてゲートで閉じられている。
猫越川側の林道を少し進んで路肩に車をとめ身支度を整える。
橋を渡り、沢沿いの林道を進む。沢は平瀬のゴーロで水量は少ない。
沢に降りるまでもないのでそのまま林道を進んで行く、
小一時間歩いたところで林道が大きくカーブして沢から離れてしまうので
沢に降りる。ワサビ田の跡がありホースなど散乱していて興醒めだ。
ゴーロの沢を進み、堰堤(標識には沢名として「洞沢」となっていた。)を
越えると小滝があり漸く沢らしくなる。
間もなく8m程の3条の滝。
P3040001.jpg
【3条の滝】

まだシャワークライムする時期ではないし去年の3月の事故の事も
頭をよぎって少し躊躇してしまったがここは直登しなければと思い直し
滝にとりつく。
岩質のせいなのか濡れていても全く滑る感じはなく落ち口に上がる。
少し行くと二俣。左俣は10m程の滝。右俣は傾斜のあるナメ。右に進む。
6mの滝を越えるとありました大滝。
P3040004.jpg
【芭蕉の滝】

「芭蕉の滝」と呼ばれている柱状節理の滝で、水は壁の左から右に緩く
流下して、中段から巾広に垂直に水を落としている。水量は少ない。
滝壺はなく、岩が堆積しているので滝の高さが判断し辛いが30m位だろうか。
確かに伊豆では大きな滝だし、名前付きの滝でもあり先の林道から
滝の見学用の遊歩道がある。(道はかなり荒廃している。)
ただ、高さはともかく余り滝相はいいとは思えない。
カメラに収めると早々に腰をあげる。
右岸の滝横のザレを登り、上部岩壁の下を登るとあっさり落ち口の上にでた。
赤黒い沢床のナメが続いている。あっけなく源頭の雰囲気、
沢は平瀬の小沢となり、なだらかな雑木林の間を流れている。
どこを登っても直に林道に出るだろう。と、思う間もなく林道に上がった。
下山だがその林道を下っていってもいいのだがかなり遠回りになる。
で、林道を少し西に歩いたところで下り易そうな尾根を下って行く。
適当に下って行くと幸い、入渓した近く降りたのでそのまま林道を下り、
車に戻って今年一回目の山行終了とする。

短い沢だしあっけなく遡行が終わってしまう。
この沢の唯一の売りは「芭蕉の滝」なのだがその滝は異形の滝で
一見の価値はあろうが厚木からわざわざ見に来る滝か、というと
それほどでもないと思うし、この沢自体他の何かと抱き合わせでないと
ペイしない沢かな、と思う。

18年 伊豆 河原小屋沢遡行図

コメント

非公開コメント