FC2ブログ

西丹沢 皆瀬川・谷戸入沢

西丹沢
皆瀬川・谷戸入沢
メンバー:三井、野澤
遡行日:2018年4月1日

「谷戸入沢」は西丹沢、皆瀬川の支流で、ガイド本には
小沢ながら滝の多い楽しめる沢とある。

沢の出合に架かる「人遠橋」(ヒトドウハシ)を渡ると
少し小広くなっていて数台の駐車が可能だ。
沢支度を整えると早速入渓。ゴーロの小沢で、余り身のはいらない渓相。
堰堤を一つ超えると滝が、と思ったら滝の上に石積みの堰堤が
乗っかっている奇妙なもの。
左から強引に越えると二俣。右俣は堰堤が多いスカ沢らしい。で、左俣に入る。
倒木が絡み合っている小滝を越えると6m程の滝。
少し登り難そうでまだヤル気分ではなく左岸から巻きにかかる。
ザレた急な斜面で登り辛い。
落ち口に寄りたいのだが足元が崩れそうで近づけず上に追い上げられる。
漸く細いルンゼを渡り懸垂で沢床に降りる。少し行くとまた登り難い滝。
左岸に頼りなさげなトラロープが垂れている。
先ほどの巻きと同様嫌らしい巻きで苦戦する。
石積堰堤を越えると左岸側に黒々とした大きな滝。
淡々と沢を遡って行くと15m程の細い滝。
直登出来るものではなく右岸から巻いて沢に戻る。
黒い沢床のナメとなり暫く行くと三俣。さらにトイ状の滝を越えると
2段10mの滝。この辺りは楽しく登れるところだ。
再びナメ帯となりそれを過ぎると奥の三俣。源頭っぽい雰囲気で、
ここからはどう登ろうと構わないのだが今回は「板取沢」の左岸尾根を
下る事にしていたので左の沢を詰める。
ところがこれが結構厄介で、急な上にザレているので登り難いったらない。
立木や露出している木の根をホールドにして身体を引き上げて行く。
ウンザリしつつ30分ほど頑張ると林道にあがった。そのまま20分ほど林道を
辿り予定の板取沢の左岸尾根を下る。
尾根には薄っすらした踏み跡もあって下り易い。
途中ワラビの群生しているところがあり家のお土産にしようと採集タイム。
間もなく茶畑に出、農道を少し下るとスタート地点の「人遠橋」の
近くにでて車に戻る。


今回の「谷戸入沢」。
ガイド本通り小沢ながら滝がそこそこでてきてダレる事はない。
ただ、高巻きは意外に悪く手こずった。
どれも急なうえにザレていて登り難い。安易に巻くより直登の方が
よかったと思う滝もある。
もしまた登る事があれば(まー、無いだろうが…。)また違った登り方に
なると思う。特別お勧めする沢でもないが半日あいた時に行くのなら
そこそこ楽しめると思う。

18年 西丹沢 谷戸入沢遡行図

コメント

非公開コメント