FC2ブログ

春の沢集中:入川・真ノ沢本谷2018/06/23-24

春の沢集中(会山行):入川 真ノ沢本谷  
メンバー:L N澤(記)、Y本、Y崎  
遡行日:2018/6/23~24

今回の春の沢集中では3コース設定。その一つ。
真ノ沢は、ルートも長く、大きな滝も有り楽しみ。
予定は以下。
1日目:入川駐車場~真ノ沢本谷~木賊沢出合でビバーク
2日目:ビバーク地~木賊山~徳ちゃん新道~西沢渓谷駐車場
心配は、初日の15:00~17:00 しっかり雨が降る予報。

DSCF4187 千丈ノ滝20m2段
【有名な 千丈ノ滝 20m2段】

6/23(土)曇りのち雨
雨が本格的に降り始める前にビバーク設置を終わらせたいので、
早くから行動を開始する。
5:00 道の駅みとみから西沢渓谷駐車場に車を移動し、1台で入川駐車場へ。
5:25 入川駐車場スタート

DSCF4134 柳避難小屋への分岐
【柳避難小屋方面への分岐】
話が弾み、うっかり分岐点を見逃し右側の入川林道(進入禁止)を進んでしまった。
ロスタイム1H。気持ちを取り直して進む。

DSCF4137 赤沢谷出合分岐
【赤沢谷出合】
自転車が4台置かれていた

DSCF4143 赤沢吊橋
【赤沢吊橋】

DSCF4149 柳避難小屋
【柳避難小屋】
11:50 出発 雨が降り始める。ポツポツ。

DSCF4154 柳避難小屋前の吊橋
【柳避難小屋前の吊橋】

DSCF4159 通らず
【真ノ沢 入渓後 最初に出て来る 通らず 右から巻く】12:40~13:00

DSCF4163 通らず上段の滝
【通らず上部の滝 下からはこの滝は見えていない ここも登れそうにない】

DSCF4168 3m斜瀑 渦巻く滝壺
【斜爆と渦巻く滝つぼ この頃から雨が本格的に降り始める】
この辺から無線機を受信状態にしておいたが、滝の音が大きく無線機が聞こえない。

DSCF4175 連瀑
【適度な滝が連続して出て来る 水流沿いに遡行する】


DSCF4181 二条の滝
【二条の滝】

DSCF4187 千丈ノ滝20m2段
【千丈ノ滝】
滝を見物後、左側の林道まであがる。
滝手前のゴーロ帯で赤谷沢出合いに置いてあった
自転車の持ち主の釣師?4人と出会う。
釣った魚は写真を撮ってリリースしていた。明日は、股ノ沢らしい。
この頃から、雨足が強くなる。

DSCF4190 千丈ノ滝を高巻き上部へ出る
【千丈ノ滝上部へ出る】

DSCF4191 木賊沢出合まで崩壊ゴーロが続く
【木賊沢手前のゴーロ帯】
先ほど会った釣師の情報だと、数年前に木賊沢で鉄砲水が出て荒れたらしい。
無残な状態が続く。

DSCF4193 ビバーク地 雨で焚き火出来ず
【ビバーク状況】
16:05 樹林の中にビバーク適地発見1580m
17:10 設営完了
雨がますます強く降って来たので、焚火は断念!

食事の時点で、Y本さんの調子がおかしいことに気付く。
食事も思うように喉が通らないようだ。
少しだけでも食べてもらい、回復を期待して早めの就寝とした。


6/24(日)曇りのち晴れ
4:00 起床
しかし、翌朝も復活出来ていなかった。
朝の時点で、これ以上の遡行を断念し全員での下山を決定した。
6:35 下山開始 ゆっくり下山する。
真ノ沢林道は踏み跡不明瞭、ピンクのテープもあるがそのまま行くと時々行き詰る。
時々GPSを見ながら林道を下山した。

9:20  柳避難小屋着
12:50 赤沢谷出合
14:10 入川駐車場着
14:40 西沢渓谷駐車場 解散

下山だけでも8H。やはり長い。

反省点:
他チームとの連絡用にアマチュア無線(430MHz)を使ったが、
全く交信出来なかった。

6/23(土)のチームとは、行動予定が遅れ時間が合わなかったか?
地形的なものか?はっきりしない。

6/24(日)のチームとは予定変更を伝えるためにも、
9:50から、無線機を常に受信状態にしておいた。
定時連絡以外でもコールしたが感度なし。
地形的に尾根を挟んで急峻な反対斜面にいるので厳しいのか?
どちらかが尾根に居れば可能性はあるが・・・。
スマホも圏外だったが、道中のどこかで電波がつながることを期待して
通常モードに戻し他のチームへメールを入れておく。
柳避難小屋~赤谷沢出合の間で、何回かスマホがつながり、
他チームに連絡がついた。良かった。
それも、相手が飛行機モードにしていなかったからであり、
電池節約の飛行機モードにしていればつながっていなかった。
連絡方法に関しては、いろいろ試してみる必要を強く感じた。

コメント

非公開コメント