FC2ブログ

丹波川徒渉訓練

【徒渉格言】
「増水した沢が、水が引くまでの数時間待ちをゼロにすることが、命を懸けるに値するか」
 冷静に判断すれば、答えは自ずと出ることでしょう。
P7078258_R.jpg

 丹波川の三条新橋で徒渉訓練を実施。集合場所の道の駅「たばやま」では、しっかり降っていた雨は、訓練地に着くと、雨は上がり、時より薄日も差すことも。水嵩は平年より20㎝多く、実践に近い水圧で、ほぼ予定通りのメニューを消化。単独徒渉、流木徒渉、スクラム徒渉(2人3人)、ザイル(トップ‥ノーマル、半マスト、中間者・・斜め、Ⅴ字、ラスト)、ザイル徒渉中で流された場合の岸への引き寄せ実践、瀞場の突破とザックピストン(全員後続の引き上げ)、ザックの浮力でへるつ、下る、徒渉で頻繁に使用するザイルワーク、手がかじかんだ時のザイル解き方等々。何度もテルモスのお湯を飲みながらのコールド訓練となりましたが、今回水の怖さを十分体で感じることのできた絶好の訓練となりました。
P7078218_R.jpg
スクラム徒渉
P7078221_R.jpg
流木徒渉
P7078229_R.jpg
トップのザイル徒渉
P7078236_R.jpg
中間者の徒渉
P7078249_R.jpg
ザックピストン
P7078255_R.jpg
ザックの浮力を利用した瀞場の下り

コメント

非公開コメント