FC2ブログ

2020雪上訓練 谷川岳

谷川雪山訓練
2020年12月19-20日
メンバー:K谷L、K上、S木、K脱、A木
PC194264_R.jpg
毎年実施される雪山ウェイクアップ訓練。今年は大豪雪に見舞われたため、初日西黒尾根で谷川の頂へ、二日目天神平スキー場で雪上訓練の予定は、雪にコーティングされた、みなかみの街並みと同様に計画も真っ白となる。例年山岳会の訓練でごった返す谷川ベースプラザは開店休業状態で、数組のスキーヤーがリフト券を購入する程度。当方は除雪された国道を進み、除雪終了点の登山訓練所でワカンを装着し、尾根に取り付いた。西黒尾根は先行パーティーのトレースが取り付いていたが、鉄塔手前で当方のラッセル男にスイッチが入り、休息するパーティーを横に、腰ほどの雪をガンガン掻き分けていく。
DSC05051_R.jpg
鉄塔からは先は強風が吹き荒れ、地吹雪行軍となったが、効率的にラッセルできるコツを意識しつつ、各自汗が吹き出たころ、先頭を交代し進んだ。降雪直後で圧雪のなき新雪は足場が軟らかく、踏み抜きが多発し、脱出に体力を奪われた。
PC194266_R.jpg
PC194251_R.jpg
RFに神経を使いながらも、雪庇状の波打つ壁越えは特に難儀し、利き足と両腕で体を一気に持ち上げるパワーがないと越すのに苦労すると感じた。BPをスタートして3時間45分。ようやくco1140mの小ピークに到達したが、風雪は強まる一方で安全を優先しここで折り返すこととした。
DSC00399_R.jpg
今宵の宿は「土合山の家」。屋根には、はんぺんを重ねたような2メートル近い雪が既に被さっている。若女将は「嫁いで20年、こんな大雪は初めて」と話していた。今年から温泉が引かれたそうだが、ポンプの故障で従来の谷川の清水風呂となるものの、冷え切った体にはやわらかく丁度よい湯加減。都合で都内を午後出発したKさんの到着まで、各自持ち寄ったつまみを口にお酒を細胞に注ぐ。
DSC00394_R.jpg
待ち組もKさんも腹が減っており、到着後すぐさま食堂へ。全員集合を祝い、乾杯したのち、カニと赤城牛のステーキでお腹を満たした。部屋で明日予定する雪上訓練の机上講習を小1時間ほど行ったあと、各自フェードアウト黄泉の眠りに着いた。
PC204279_R.jpg
翌日部屋のカーテンを開けると、車が埋まるほどの降雪が続いていた。強風で谷川ロープウェイもスキー場も計画運休となり、山荘前の斜面で訓練を実施した。駐車場の脇で訓練地を探しながら歩行したが、雪面を足掻いているだけなので、先ほどの斜面を踏み固め、滑落停止と支点作成に傾注した。
DSC05078_R.jpg
会のレジェンドから指示をいただいき、リーダーが持参した土嚢袋とピッケルを雪中に埋めた支点を作成した。耐久度は両者とも相当なもので、特に土嚢袋は超軽量でピッケル等を必要としないため、有効な手法であることが確認できた。
PC204295_R.jpg
PC204298_R.jpg
耐風姿勢と滑落体勢を平面で確認後、それを斜面で実践。
PC204293_R.jpg
軟らかい斜面でも、ソリを使用し加速させると、止めることは格段に困難となる。
PC204310_R.jpg
続いてザイル使い、滑落者の停止訓練。踏ん張る足場を踵で作り、掘った雪面に腰をどっさり落とす。肩と腰の中間にザイルを回し、グリップビレイで確保する。加速した滑落者を一気に止めると、体勢が崩れる。ザイルを流し双方にかかる負担をが軽減して止めた。
PC204305_R.jpg
午後風が強まると、木々から雪が直に落ちてくるため、ここで訓練終了とする。悪天でやや消化不良となったが、長時間風雪下にいることも、耐寒訓練となり、ある意味良かったのかもしれない。
降雪下で冬装備の着脱や使い方及び滑落等で全身に雪の洗礼を受けることは、精神面の鍛錬にも繋がるので、今後の雪山山行に活かしてもらえればよいと思った。




コメント

非公開コメント