FC2ブログ

2020納沢 ダルマ沢右俣(タカノス沢)

丹沢 虫沢川
ダルマ沢右俣(タカノス沢)
ダルマ沢右俣_R
【遡行図】
 11月の最終週に会として納沢山行を実施したが、毎年個人でも納沢を、と決めているので、今年は丹沢のシダンゴ山と高松山の中間にある、ダルマ沢ノ頭から西ケ尾を源とするダルマ沢に足を踏み入れてみた。左俣を含めると4度目となるが、ここは南面に渓が開ける渓相で、背に陽を受けながら、連続する滝を快適に遡れる冬向き、または春の沢始めに適した沢だ。ワングレード上がる左俣に比べ、核心のco620mにある二段の滝を越す技量があれば軽快そのもの。途中林道が2か所横切るので、帰路の選択も高い。トレーニング山行的コースなら山道に登り詰めたあと、高松山経由かヒネゴ沢乗越から花ジョロウ道を下り、山北駅まで歩くと約20キロのコースとなる。当方は前者のルートで歩き、さくらの湯で筋肉を、ぽっぽ屋で細胞を、ほぐし帰京した。年末年始は最強寒波。先般谷川で大寒波を経験しただけあって、山行そのものをどうするか悩む年の瀬になりそうだ。
PC264351_R.jpg
右俣にある核心の滝

PC264325_R.jpg
簡単に巻けるが、しょっぱい滝も2つほどある
PC264340_R.jpg
秋から初冬は落葉と黒滑りで摩擦係数激
PC264341_R.jpg
登れる滝が連続し、沢トレに丁度よい
PC264359_R.jpg
源頭部にある石積堰堤
PC264368_R.jpg
花ジョロウ道が横切る、高松山手前のヒネゴ沢乗越

コメント

非公開コメント