FC2ブログ

赤岳主稜・横岳石尊稜 2021/2/20-22

s-DSC00772.jpg

先般計画し寒波到来で断念した涸沢岳西尾根を再度計画したが、
積雪状況や天候の予報が思わしくなく、八ヶ岳に転進することにした。
2泊3日で、アイスクライミングと赤岳主稜と石尊稜と、メニュー満載のワガママプランである。
年末にも同じ内容を計画していて、この時は天候が悪くバリエーションルートは敗退、
稜線まで抜けることは出来なかったので、その再トライでもあった。

1日目、赤岳山荘まで車で上がり、入山。
静謐な南沢を歩き始めると、帰ってきたなあという気がしてくる。
私もKNさんも、八ヶ岳の山域に入山するのはこの冬で実に5回目で、最早ホームマウンテンと言っても過言ではない。
まずは、南沢小滝でウォーミングアップ。軽く数本ずつ登り、行者小屋でベースキャンプを設営した。
行者小屋は久しぶりだったが、静かで阿弥陀岳から硫黄岳までの稜線を見晴らすことが出来て、良いところだ。


2日目、赤岳主稜。
混雑回避のため遅めの8時半に出発、取り付きで20~30分程待ったが、以降は快適に登ることが出来た。
後ろを振り返ると、神々しく輝く阿弥陀岳が屹ており、最高のロケーションだ。
最初から最後まで爽快なクライミングが続き、北峰頂上に到った。
これぞ登山の醍醐味、達成感に包まれた至福の瞬間であった。
しかし、体が飛ばされそうなほど風が強く、文三郎尾根の下山も気を抜くことが出来なかった。

下部岩壁
 1P スタカット K谷リード
 2P スタカット KNリード
中間部
 3P コンテ K谷リード
上部岩壁
 4P スタカット K谷リード
 5P コンテ KNリード


3日目、石尊稜。
稜線に掛かる雲が朝日で焼けているのを眺めていると、登山意欲が再び沸き上がってきた。
6時半出発、50分程で取り付き下まで到着し、ロープを結んで取り付きまで上がった。
沢筋から取り付きまでの間は、昨年末行ったときは意外と悪いなと思ったが今回は雪が安定しており、印象が全く違った。
下部岩壁の下の方は、外傾したスタンスとカチホールドで、バランシーなクライミングを強いられ痺れた。
アイゼントレの必要性を痛感した。
下部岩壁の上部は快適な草付きで、これぞジャパニーズ・アルパインクライミングという趣であった。
気持ちよくアックスを叩き込んで登った。こういうところは、アイスクライミングの経験が活きる。
中間部の雪稜で、ぐんぐんと高度を稼ぐと上部岩壁に到った。
2ピッチで頂上に抜けると、北アルプスから富士山まで見晴らすことが出来、しばし座り込んで休憩した。
暖かく、昼寝をしてしまいそうになるくらいの陽気であった。

下部岩壁
 1P スタカット K谷リード
中間部雪稜
 2P コンテ K谷リード
上部岩壁
 3P スタカット K谷リード 
 4P コンテ KNリード    


年末から悪天候などで、楽しいながらも思うような山行に出来なかったことが多かったが、
今回は会心の登山で、大満足の3日間だった。
2本続けて登ったことで、着実に経験を積んだ手応えを得ることが出来た。


◆技術メモ
・カム #0.4~#1まで4本持参で、正解。
・BDスペクター(アイスハーケン)は、氷雪よりも凍った草付きの土で良く効く。出番多し。
・PASの収納は、余った中間部をハーネスに巻き込むと良い。使うときは先端を引っ張るだけ。
・やはり、冬は小さすぎるカラビナは使いにくい。
・アックスをハーネスにラックすると、スピナーリーシュ(流れ止め)が足に引っ掛かって、とても危ない。
 対処方法を要検討。


DSC05473.jpg
南沢小滝


DSC05505 (1)
赤岳主稜 取り付きへ。


DSC00725 (1)
赤岳主稜 下部岩壁 阿弥陀岳が神々しい


s-DSC00727.jpg

s-DSC00741.jpg

DSC00747 (1)
赤岳主稜上部岩壁


s-DSC05521.jpg
登頂!!!


s-DSC05567.jpg
石尊稜 下部岩壁の下部


s-DSC00780.jpg
石尊稜 下部岩壁の上部


s-DSC00783.jpg
石尊稜 中間部雪稜


s-DSC05580.jpg
石尊稜 中間部雪稜で休憩


DSC00785.jpg

s-DSC00789.jpg
石尊稜上部岩壁


s-DSC00756.jpg
よなよなエール


コメント

非公開コメント